キュレルシャンプーは本当に肌に優しい?全成分を調べてみました。

キュレルシャンプー キュレルシャンプー

 

キュレルシャンプーは「乾燥肌」や「敏感肌」でも安心して使えるシャンプーだといわれていますが、我が家で使ってみて「刺激がある」「地肌が荒れる」という経験をしたので、全成分の解析をしてみる事に。

キュレルシャンプーの全成分

キュレルシャンプー

キュレルシャンプー全成分:グリチルリチン酸2K、精製水、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、ラウレス硫酸Na、アルキルグリコシド、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、POE(16)ラウリルエーテル、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、POE・POPジメチコン共重合体、PPG、無水クエン酸、水酸化ナトリウム液、水酸化ナトリウム、オレンジ油、ユーカリ油、エタノール、エデト酸塩、安息香酸塩

キュレルシャンプーの成分解析

 

グリチルリチン酸2K(甘草エキス)・・・抗炎症、抗アレルギー

 

水・・・ベース成分

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液・・・ヤシ由由来の刺激が少ない界面活性剤

 

ラウレス硫酸Na・・・硫酸系の洗浄成分(刺激が強く、皮脂を落としすぎてしまう)

 

アルキルグリコシド・・・トウモロコシ由由来の界面活性剤(石鹸成分)

 

ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na・・・ヤシ由由来の界面活性剤

 

POE(16)ラウリルエーテル・・・ヤシ由由来の界面活性剤(乳化剤)

 

ヤシ油脂肪酸エタノールアミド・・・泡立ちの安定向上や親水性を助ける(洗浄剤の補助)

 

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース・・・セルロース由来のポリマー

 

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・・・カチオン化したポリマー

 

アクリルアミド共重合体液・・・合成界面活性剤(柔軟作用、帯電防止作)

 

POE・・・合成界面活性剤(洗浄成分)

 

POPジメチコン共重合体・・・高分子のシリコン(可溶化・透明化)

 

PPG・・・製品の粘度や湿度を保つための保湿剤(石油由来)

 

無水クエン酸・・・pH調整を設定するpH調整剤や酸化防止・ 収斂効果

 

水酸化ナトリウム液・・・タンパク質を激しく分解(肌を溶かす)

 

水酸化ナトリウム・・・アルカリ性の界面活性剤(肌を溶かす)

 

オレンジ油・・・香料(抗炎症・抗菌作用)

 

ユーカリ油・・・香料(殺菌、刺激、消炎作用)

 

エタノール・・・殺菌、保存、収れん

 

エデト酸塩・・・品質安定剤(皮膚への刺激や発疹、ぜんそくを持つ方の症状の悪化の恐れ)

 

安息香酸塩・・・防腐、殺菌作用(皮膚や粘膜、目への刺激性、喘息・発疹などアレルギー悪化の恐れ)

 

解析は以上になりますが、むむっ・・・肌に優しい???と思ってしまいます。

 

最近ちょっと成分にも詳しくなりつつあるので、「むむっ」というような成分解析結果になりました。

 

セラミドも入っていない

 

しかもキュレルはセラミドが売りなのに合成のセラミドもどきは入っているだkで本物のセラミドは入っていないんですよね・・・

 

まぁキュレルの他のシリーズも「セラミドケア」なんて言ってるけど、疑似セラミドが入っているだけで本物のセラミドは入っていないくらいだから仕方なんですけどね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます