アトピー改善のカギは美肌菌にあり!美肌菌を減らさず増やすケアが大切

アトピー アトピー

 

現在もアトピーの原因を突き止めるための研究がされているようですが、はっきりとした原因がわかっていないようです。

 

一時期は、アトピーはアレルギー体質(花粉症、食物、ぜんそく)などの人に多くいたためと、ダニやハウスダストなどに対する抗体価が高いことから、異常な免疫反応によるアレルギー性疾患と考えられて来たようです。

 

ですが、新たな研究で(2015/4)アトピー性皮膚炎は、アレルギーの発症より先に「黄色ブドウ球菌」が増えることでアトピー性皮膚炎になる(関与する)と、アメリカのNIH=国立衛生研究所の永尾圭介主任研究員と慶應大学などのグループがアメリカの科学雑誌「イミュニティ」の電子版で発表されました。参考:https://www.keio.ac.jp/ja/

 

このことから、黄色ブドウ球菌が増えることで皮膚炎を起こしていることが分かりました。

 

実際にアトピーの方の皮膚常在菌を調べると黄色ブドウ球菌が多く検出されるようです。

 

黄色ブドウ球菌は、「とびひ」の原因となる菌で肌に炎症を起こし腐敗させる菌です。

 

※アレルギーと併発する可能性も高い

黄色ブドウ球菌が増える原因

菌

黄色ブドウ球菌が増える一番の原因は、美肌菌ともいわれる「表皮ブドウ球菌(美肌菌)」の減少が原因だと言われています。

 

表皮ブドウ球菌(美肌菌)は、皮脂や汗、古い角質を食べグリセリンと言う保湿成分を排泄物として題していることや肌を弱酸性に保ち、この菌のおがけで美肌に保たれていることから美肌菌ともいわれています。

 

黄色ブドウ球菌は弱酸性になった肌では増殖ができず、ひっそりと隠れて悪い事もせずに過ごしていますが、美肌菌が減少すると肌がアルカリ性に傾き、黄色ブドウ球菌が優勢になることで皮膚に炎症が起こります。

 

美肌菌とは?

 

美肌菌は、黄色ブドウ球菌と同じ皮膚常在菌の仲間で、肌表面にバリアを作り水分蒸発を防ぎ悪玉菌や雑菌の繁殖を防いでくれる善玉菌です。

 

皮脂を食べグリセリン(保湿成分)を分泌して、肌を乾燥から守ります。

 

また、肌を弱酸性に保ち悪玉菌や雑菌が繁殖するのを防いでいます。(悪玉菌はアルカリ性が好きで弱酸性だと繁殖できない)

 

アトピーの肌には美肌菌が少ないといわれています。

 

美肌菌を減らさない、増やすスキンケアで黄色ブドウ球菌を増やさないようにしたいですね。

美肌菌が減る原因

洗顔

 

美肌菌が減る原因としては

 

✔ 洗浄力の強い洗浄剤で顔や体を洗う

 

✔ 1日に何度も顔や体を洗う

 

✔ 殺菌剤や消臭剤を常用する(洗濯洗剤や消臭剤に気を付けて)

 

など。

 

美肌菌は洗顔時には角質の隙間に隠れているので洗いすぎると、隠れている美肌菌まで洗い流すことになります。

 

減り過ぎると増えるのに時間がかかり過ぎて、それまでに悪玉菌が優勢になる場合もあります。

 

洗いすぎには十分に気を付けて、優しい洗浄剤で使うのは1日1回までとどめておくのが良いです。

 

また保湿に使う化粧品には、美肌菌が減る原因になる防腐剤やアルコール、界面活性剤などが配合されているものがほとんどです。

 

配合量が多いものは、美肌菌を減らすのでできるだけ配合量の少ないものが良いです。

 

洗濯で美肌菌が減ってるかも

 

我が家の経験では、体のアトピーは洗濯洗剤が大きく関わっていると思っています。

 

最近の洗濯洗剤は抗菌や消臭などがうたわれていますね。

 

清潔にしたい・・・と思いをくみ取ったものにはなりますが、この清潔こそがアトピーの敵になると思っています。(咲いて減の清潔は必要です)

 

元々アトピーに良くないといわれる界面活性剤もきになりますが、抗菌や消臭というのも肌の菌のバランスを崩す原因になると思われます。

 

特に汗かきさんは、服に付着する洗剤の残りの界面活性剤だけでなく抗菌消臭成分で美肌菌が減っているのではないか?と思っています。

 

アトピーの方は、洗濯洗剤の種類にもこだわっているかもしれませんが、それにも限界があると思うので(きれいいとしたければ)、自動洗濯機でも2度すすぐようにしてみてください。

 

試しに・・・というような話ですが、うちの子のアトピーがほぼでなくなった一番の要因だと思っています。

 

アトピー改善には美肌菌を守り、増やすスキンケアが必須

スキンケア

 

肌の炎症を起こさないようにするには、美肌菌を減らさないようにし、増やすことで黄色ブドウ球菌が住みにくい環境に整える事が大切です。

 

なので肌を整える毎日のスキンケアはとっても大切です。

 

間違ったスキンケアを毎日繰り返すと美肌菌(表皮ブドウ球菌)が減り、悪玉菌(黄色ブドウ球菌)が増える可能性が高まります。

 

一度でも黄色ブドウ球菌が優勢となったらなかなか元には戻らず大変です。

 

美肌菌を減る原因となる「洗いすぎ」「付け過ぎ」をやめる事や、美肌菌を守り増やすことをコンセプトにした化粧品(保湿剤)を使うと良いです。

 

美肌菌を増やす化粧品には、エイジングケア向きとトラブル肌向きのものがありますので、アトピーにはトラブル肌向きの美肌菌化粧品を選んで使ってみてください。