アトピーはセラミド不足が原因?

アトピー アトピー

 

セラミドが不足することでアトピーになるって聞きますよね。

 

そもそもアトピーになる原因は肌の免疫異常だと言われていますが、症状に関して言うと主に抗原が引き起こしています。

 

肌の上に住む常在菌の関係が大きく関与していているともいわれていますね。

 

この常在菌は細菌類とはちょっと違いますが、少なくともアトピーの原因であるアレルゲンになる言われているんですね。

 

つまり、アレルゲンが皮膚の少し深い所に侵入した結果、痒みや肌荒れなどの症状があらわれる事になります。

 

本来人間は、外部の刺激やアトピーの原因となるアレルゲン(人によっては花粉であったり、金属だったり、ダニやホコリだったりします)を防ぐ力はあります。

 

もともと人間の肌の表面には、バリアが形成され細菌、ウイルス、紫外線や乾燥など様々な脅威から人間を守ってくれているのです。

 

皮膚の表面全体にバリアという保護膜が形成されているイメージです。

 

そのバリアの一つにセラミドがあります。

 

セラミドの働き

角質

 

角質のやや深い箇所には、多くの細胞が存在しています。

 

その細胞と細胞の間には、若干の隙間があり、その隙間の間には多彩な液体や成分などが存在して、外部の刺激が肌の奥に侵入しないように防御してくれている訳ですが、その大半を占めるのがセラミドになります。

 

外部の刺激の侵入を防ぎ、肌や体を守ってくれているわけです。

 

そうした働きをするセラミド量が十分ならば、バリアも力を発揮してくれるので、アレルゲンなども侵入しづらくなるので、肌は健康に保てますが、何らかの理由でセラミドが減少すると、当然そこには隙が生まれる訳ですから、アレルゲンも侵入しやすくなってしまう訳です。

 

そうした状態をバリア機能の低下などと言います。

 

バリアのサポートをしてくれる成分が少なくなってしまえば、もちろん防御力も弱くなるり、皮膚の表面部分にあるバリアが、やや栄養欠乏に近い状態になってしまいます。

 

必然的に皮膚に対する隙が生じて、アレルゲンが皮膚の中に侵入してしまいます。

 

セラミドの保水力

オイル

 

ちなみにセラミドには、他の保湿成分に比べ高い保水力があります。

 

その保水力はヒアルロン酸などの保水力をはるかに超え、湿度が0でも乾かないほどだと言われています。

 

スキンケアには必須の肌に対する保湿ケアのなかでも、どんな保湿成分より重要だと言われるくらいセラミドは必要不可欠な存在になると言うわけです。

 

ところが細胞と細胞の間にあるセラミドのボリュームが減少してしまえば、アレルゲンの侵入を招くだけでなく肌の保湿力も弱体化してしまう事になります。

 

セラミド不足によってむやみに肌が乾燥してしまえば、痒みなどの症状も強くなってしまう事が多いです。

 

つまりセラミドが不足するとアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる可能性が高くなり、かゆみや炎症をエスカレートしてしまうことになりかねません。

 

アトピーには保湿は必要

スキンケア

 

アトピーになった時でも、十分な保湿力が備わっていると、何とかなる事もあります。

 

しかしセラミドが足りない状態では、保湿力も弱くなってしまうので、アトピーで強い痒みや炎症がおきてしまいます。

 

セラミドが少なる原因と解消法

女性

 

セラミドは少なくなる理由としては、生活習慣や食生活、ストレス、睡眠、掻き怖しなどから水分が蒸発しセラミドが減っていきます。

 

一度減ってしまったセラミドは元に戻るのに数週間から数ヶ月かかるといわれています。

 

また、アトピーの場合は体質的にセラミドを精製する力が弱いと言われているため、積極的にセラミドを補う必要があります。

 

セラミドを補う方法

 

セラミドを補う方法としては、

 

✔ 体の中からセラミドを精製できるようセラミドを摂取する

 

✔ 肌に直接セラミドを塗る

 

方法があります。

 

セラミドを摂取する

食べる

 

 

セラミドを摂取するには、セラミドを多く含んだ食品を食べるのが良いです。

 

 

セラミドは、米やこんにゃく芋などの多く含まれます。

 

米もセラミドが多く含まれますが、米を摂りすぎると投下により免疫力が下がることがあることや、アレルギーの心配がある方が多いので、アレルゲンになりにくい「こんにゃく」を摂るのが良いです。

 

こんにゃくは、セラミド含有量の多い生芋こんにゃくを摂るのが良いですが、1日に半丁以上毎日食べ続けないと1日の必要量(1200㎍)を達成できません。

 

アトピーの方なら、必要量以上のセラミドが必要だと想像できるので毎日になると大変です。

 

そんなに毎日食べらないと思う方はサプリメントを活用すると良いです。

 

サプリメントだと1日に必要なセラミドを手軽で簡単に摂り入れることができ、セラミドを精製する力を高めてくれたり、健康な肌をサポートしてくれる他の栄養分も配合されているのでとても便利です。

 

404 NOT FOUND | のんびり
色々試すのが大好きなアラフィフのレビューブログ♪美容、健康、ダイエットなどなど製品情報盛りだくさん!時々お役立ち情報も💕

 

セラミドを肌に塗る

スキンケア

 

セラミドを肌に塗るには化粧品を活用します。

 

セラミド配合の化粧品は星の数ほどありますが、選ぶ基準としてはバリア機能が正常に機能してないアトピーではなんでも肌に塗るわけにはいきません。

 

肌に負担のかかる添加物(合成界面活性剤や防腐剤、着色長、香料など)を含まない化粧品が良いです。

 

アトピーにおすすめのセラミド化粧水
アトピーにセラミドが足りないらしい。 そんなアトピーの肌には、セラミドを配合した化粧水を使えばいいって聞いたけど、沢山...

 

アトピーはセラミド不足が原因?まとめ

 

アトピーはセラミド不足だけが原因ではありませんが、掻き怖しのためにおこる炎症や肌の乾燥によってセラミドが減っていることはわかっています。

 

肌バリアの要でもあるセラミドは、生き生きした肌を取り戻すために無くてはならない成分です。

 

一度減ってしまうとなかなか増えないセラミドは食事やサプリ、肌に負担のない化粧品で補う事で角質のセラミドを増やすことによって肌バリアが正常に機能するようになればアトピーも和らぐ期待ができますね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます