キラリエアイクリームの成分を調べてみました

キラリエアイクリーム キラリエアイクリーム

 

キラリエアイクリームは良い成分を沢山使っているってホント?

 

とても安いアイクリームなので中身が心配って思っちゃいますよね。

 

私も少し不安になったので全成分を調べてみました。

 

キラリエアイクリームの全成分

キラリエアイクリーム

水、エタノール、イソステアリン酸ヘキシルデシル、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ホホバエステル、ステアリン酸、ステアリン酸スクロース、カルボマー、ステアロイルグルタミン酸Na、AMP、パルミチン酸、フェノキシエタノール、PEG-45M、ポリアクリル酸Na、香料、コプチスチネンシス根茎エキス、ノイバラ果実エキス、パルミチン酸レチノール、コーン油、シャクヤク根エキス、ヒメフウロエキス、水溶性コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、セイヨウオオバコ種子エキス、セラミド2、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド-24、アセチルデカペプチド-3、トコフェロール

注目したい成分の効果を調べてみました

セラミド2の効果

 

セラミド2はセラミドの中でも特に保湿効果に優れています。

 

乾燥で悩む肌トラブルを解消する化粧品やヘアケアに使われています。

水溶性プロテオグリカンの効果

 

アンチエイジングや保湿効果の高さが注目されているプロテオグリカンは

 

肌細胞の新陳代謝を活発にして潤いのある肌を取り戻す効果が期待できます。

パルミチン酸レチノールの効果

 

皮下組織内の特定の酵素の働きでレチノイン酸に変化し皮膚のターンオーバーを促します。

 

水溶性コラーゲンの効果

 

皮膚へ潤いを与える

オリゴペプチド-20の効果

 

皮膚の新陳代謝に作用し ます。

オリゴペプチド-24の効果

 

肌のターンオーバーを促進する効果があります。

 

アセチルデカペプチド-3の効果

 

真皮に働き活性化させる効果があります。

 

トコフェロールの効果

 

脂質の抗酸化作用によって肌あれの原因となる過酸化脂質の発生を防ぎます。

 

皮ふの角化を促進する働きも持ってますので肌あれ防止効果があります。

セイヨウオオバコ種子エキスの効果

 

非常に強い抗糖化作用を持っています。

 

ノイバラ果実エキスの効果

 

保湿効果、収れん効果、保湿効果

思った以上に良かった!

 

値段は安いけど、思った以上に良い美容成分がたくさん入っていて嬉しいですね。

 

これで安心して試せますね。

 

初めてなら返金保障も付いています。

 

キラリエアイクリームを試してみる>>

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます