紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止め 日焼け止め

 

日焼け止めに配合されている紫外線カット成分。

 

紫外線吸収剤が悪いとか紫外線散乱剤だといいとか様々な意見が飛び交っていますね。

 

ここでは、日焼け止め選びの参考になるよう紫外線吸収剤と散乱剤の違い調べてみました。

 

紫外線吸収剤と散乱剤の違い

紫外線吸収剤

 

紫外線吸収剤は紫外線を吸収するため肌が熱を持ち肌ダメージを与えます。

 

紫外線散乱剤だけの日焼け止めが「キシム」のはそのせいです。

 

しかも紫外線散乱剤は白いのでコーティングしていないものを選ぶと必ず「白浮き」します。

 

紫外線散乱剤

 

紫外線散乱剤は反射するから熱を持たず肌に優しいといわれていますが、実際は光に当たると活性酸素を発生させるため肌を乾燥させてしまい肌にダメージを与えます。

 

成分自体が透明なため、白浮きはしません。

 

また、油性成分なので乾燥はしません。

 

 

このように紫外線吸収剤にしろ紫外線散乱剤に違いはありますが、どちらも肌にダメージを与えるという事がわかりました。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の種類

 

紫外線吸収剤

メトキシケイヒ酸オクチル

ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

オクチルトリアゾン

パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

 

など

 

紫外線散乱剤

酸化チタン

酸化亜鉛

 

など

コーティングしているもの選ぶとダメージ軽減に

 

紫外線カット成分でダメージが及ばないように、紫外線カット成分をコーティングしている日焼け止めやファンデーションがあります。

 

コーティングされた紫外線カット成分は、肌に負担が少なく白浮きもしないため、使用感も良いのが特徴です。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のコーティング成分

 

参考までに紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のコーティング成分を調べてみました。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤コーティング材としては、

 

紫外線吸収剤のコーティング剤は「シリコン」や「ポリマー」。

 

紫外線散乱剤(酸化チタン、酸化亜鉛などのをコーティング剤は、「シリカ」、「水酸化アルミニウム」(水酸化AI)、「ラウロイルリシン」など。

 

他にもあるかもしれませんがこのような感じです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます