アトピーにおすすめのセラミド化粧水

化粧水 アトピー

 

アトピーにセラミドが足りないらしい。

 

そんなアトピーの肌には、セラミドを配合した化粧水を使えばいいって聞いたけど、沢山あるしどれがいいのかわからない・・・

 

と思っているなら、アトピー改善のために選ぶセラミド化粧水の選び方と、おすすめのセラミド化粧水を紹介します。

 

アトピーのセラミド化粧水の選び方

 

アトピーを改善していくためには角質のバリアと言われるセラミドを補い増やすことですが、デリケートなアトピー肌には肌に負担のかかる成分がたくさん入っている化粧水ではなく、添加物の入っていない肌に優しいセラミド化粧水がおすすめです。

 

ただセラミド配合の化粧水は星の数ほどたくさんありますが、添加物の入っていないセラミド化粧水って、そんなに見つかるものではありません。

 

化粧品に添加物はつきものですから。

 

ここで添加物と言われるものは「界面活性剤」「防腐剤」「着色料」「香料」など合成の添加物のことです。

 

合成添加物は、肌に負担がかかります。

 

例えば、合成界面活性剤はセラミドを溶かし出す作用が、防腐剤は肌細胞を傷つけます。

 

もともと、肌バリアが壊れ細胞も傷ついているアトピーの肌には、こうした成分が配合されている化粧品を使わない方が良いです。

 

アトピーにおすすめのセラミド化粧水

 

実際は添加物を入れないと化粧品って作りにくいので無添加のもの数自体が少ないです。

 

さらにセラミド配合となるとほんの僅か。

 

ですが、あれこれ探して2つほど見つけましたので紹介します。

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

全成分:水、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6Ⅱ、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸Na、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、ホホバ種子油、ノバラ油、ダイズステロール、水添レシチン※水は特殊浸透水を使用。(角質層まで浸透)※ダイズステロール・水添レシチンはセラミド原料の含有成分。

 

完全無添加のセラミド化粧水。

 

5つのセラミド配合。

 

肌の炎症に関係する抗菌ペプチドの暴走を抑え炎症を沈める植物由来成分も配合。

 

他の保湿成分との相乗効果も期待できます。

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの詳細はこちら>>

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの口コミはこちら↓

https://nonnbiri.info/23/

 

潤み肌水

潤み肌水

全成分:水、温泉水、グリセリン、ローズマリー葉エキス、ヒアルロン酸Na、ダイズ種子油、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6ll、ニオイテンジクアオイ油、ダマスクバラ花水、キサンタンガム

 

完全無添加のセラミド化粧水。

 

4つのセラミドを配合。

 

温泉水で肌を癒せます。

 

【 今だけ10%OFF 3,024円→2,721円!P5倍 】無添加のセラミド化粧水「潤み肌水」保湿を高めるセラミドや温泉水配合 乾燥肌・敏感肌やアトピー肌、赤ちゃん(ベビー/子ども)のスキンケアのローション。敏感肌用の無添加化粧品 [温泉化粧水/ノンケミカル/無添加化粧水]

 

アトピーにおすすめのセラミド化粧水まとめ

 

星の数ほどセラミド外剛の化粧水はありますが、合成添加物を完全無添加で見つけられたのは上記の2つのみ。

 

どちらも完全無添加ですのでアトピーのセラミド不足を安心して補えますね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます