オリゴロジックカルチャリングローションの成分解析。本当に肌に優しいか調べてみた

オリゴロジックカルチャリングローション オリゴロジック化粧水

 

オリゴロジックカルチャリングローションは肌に優しいと説系があるけど、本当に肌に刺激や負担がないか調べてみました。

 

肌が弱いと成分チャックは欠かせません!

 

オリゴロジックカルチャリングローションの全成分

オリゴロジック

水、プロパンジオール、グリセリン、ペンチレングリコール、α-グルカンオリゴサッカリド、ホスホリルオリゴ糖Ca、乳酸Ca、尿素、PCA-Na、ジグリセリン、乳酸、乳酸Na

 

オリゴロジックカルチャリングローションの成分解析

 

成分役割安全性
基剤
プロパンジオール保湿や抗菌目的で化粧品に配合されるベース成分
グリセリン保湿成分
ペンチレングリコール保湿、抗菌
αーグルカンオリゴサッカリド保湿、善玉菌活性化
ホスホリルオリゴ糖Ca保湿、善玉菌活性化
乳酸Ca保湿、穏やかなピーリング効果、引き締め
尿素保湿、柔軟、穏やかなピーリング効果
PCAーNa保湿、柔軟
ジグリセリン保湿、感触改良
乳酸保湿、殺菌、引き締め、pH調整、穏やかなピーリング効果
乳酸Na保湿、穏やかなピーリング効果、引き締め

 

人によって肌の状態が違うので、全ての人において完全に安全とは言えませんが、刺激がなく肌に安全と言われる成分を使っているのは確かです。

 

無添加処方&アレルギーテスト済み

オリゴロジック

 

無着色、無香料、防腐剤フリー、アルコールフリー、オイルフリー、界面活性剤フリー、弱酸性
アレルギーテスト済み (全ての方がアレルギーを起こさないという意味ではありません。)

 

ここまで調べてオリゴロジックカルチャリングセラム、カルチャリングローション共に肌に刺激がなく負担が少ないと実感できました。

 

実際に使ってみても、全く刺激もなく快適に使えたのも事実です。

 

肌が弱い、薄い方も肌バリアが強化されることによって自ら潤う強い肌が目指せるのではないでしょうか。

 

オリゴロジックカルチャリングローションのお試しはこちら>>

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます