朝の洗顔に洗顔料やクレンジングは必要?

スキンケア 話題

 

朝の洗顔で洗顔料やクレンジングを使ったほうが良いのか気になりますよね。

 

これは、今までもたくさんの人が議論してきたいようなのですが「答えは決まっていない」つまり「人それぞれ」と感じます。

 

肌質やお手入れの方法によって違ってくるからです。

 

例えば「化粧もしなければ、夜のお手入れも洗った後は化粧水のみ」などの油分を含まない化粧品でスキンケアをされている場合や「乾燥肌で朝起きても皮脂も出ていない」人は朝から大量の洗顔料やクレンジングで洗うと必要な油分や水分まで洗い流してしまいかねませんよね。

 

一方、「化粧もたっぷり、夜のお手入れも油分を多く含んだクリームなどをたっぷり塗って寝ている」場合や「何もしなくても朝には皮脂が沢山出ている脂性肌」な人は洗顔料やクレンジングを使ってクリームの余分な油や大量に出た皮脂をクレンジングや洗顔料を使ってちゃんと洗い流した方がニキビやくすみを予防できるなど、ひとそれぞれにケアも変えていかなければいけません。

 

ようは、自分の肌をよく観察して自分の肌に合ったケアをしないといけないということですね。

 

また、肌の調子はずっと同じではないので毎日様子を煮見ながら「今日はこうしよっか!」とケアを変えれるようじっくり観察しながらケアしていくことが大事だということになります。

パターン別に考えてみる

夜のお手入れにポリマーや油分の多いクリームをたっぷり使っている場合

 

ポリマーやクリームの油分はぬるま湯や洗顔料では落ちず、ポリマーや油分が肌に残っていると油でのくすみやニキビの原因になるので落とした方が良いと言われています。

 

この場合の朝の洗顔はポリマーや油分を落とせるクレンジングを使った方が良いと言われています。

 

夜のお手入れに化粧水や乳液やゲルだけの場合

 

夜のお手入れに化粧水や乳液やジェルだけの場合は、朝の洗顔はぬるま湯で十分です。

 

多少の皮脂や寝ている間に付くホコリなどはぬるま湯(32℃前後)で十分落とせるのと、多少の油分は気にしなくても大丈夫だそうです。

 

また、暖かい日なら水でも十分だと言われています。

 

乾燥肌の場合

 

乾燥肌の場合、油分が多くポリマーが入っているクリームを夜のお手入れに使われる場合が多いと思いますが、ポリマーなどはほとんど変質しないし油分はミネラル由来のものなら酸化する速度も遅いのであまり神経質にならずに落とすようにすると良いですね。

 

脂性肌の場合

 

オイリーな人は、さっぱりしたケアでも朝にはたっぷり皮脂が出ていると思います。

 

油分やポリマーを含まないケアだけの場合は、ぬるま湯や水でも十分です。

 

あまりにも気になる日は洗顔料を使って皮脂を落としましょう。

 

敏感肌

 

敏感肌は、色々な原因で肌を守る成分が少なくなっている状態です。

 

肌を守る成分は、洗浄力の強い洗顔料を使う事によって溶け洗い流されているため、クレンジングや洗顔料を使う洗顔は1日1回に留めておいた方が良いです。

 

ノーメイクなら肌の様子を見ながら水またはぬるま湯洗顔だけでも良いくらいなので、朝の洗顔にクレンジングや洗顔料を使うのは辞めたほうが無難です。

洗顔に専念すると肌を痛める

 

あまりにも洗顔に専念すると洗いすぎで角質層を痛めてしまい、乾燥肌なら、さらなる乾燥や肌荒れを招きひどい人では「乾皮症」や「皮脂減少性皮膚炎」などの病気かかることもあります。

 

逆に、オイリー肌なら皮脂が過剰に出て酸化し炎症を起こし続け症酒さや脂漏性皮膚炎の原因になりかねません。

 

洗顔に決まりはなくほんと人それぞれです。

 

洗顔も肌を清潔に保つためのスキンケアの一つだと思いますので、あまり神経質にならないように、朝クレンジングをするかどうか、朝に洗顔料を使うかどうかは「その日の様子で決める」など柔軟な対応をして「自分に合った洗顔方法」を見つけるのが一番かと思います。