肌の免疫力高める方法

肌の免疫力

 

肌の免疫力が低下すると肌荒れ、敏感肌、アトピー肌、アレルギーなど様々な肌トラブルが起こりやすくなるだけでなく、免疫力が低下することで肌バリアも弱まり、様々な刺激が肌を攻撃し、シワ、たるみ、くすみ、シミなど肌の老化につながります。

 

肌トラブルや肌の老化を心配しなくてよいように肌の免疫力を高めて外部の刺激から皮膚を守れるよう抵抗力を上げないといけませんね。

 

肌の免疫力を高めるには、「生活習慣(睡眠、運動など)」「食生活」「スキンケア」の見直しが必要になってきます。

免疫力を高め抵抗力を上げる生活習慣

 

体の不調はお肌の不調と言われるように、規則正しい生活を心掛けるのは基本です。

睡眠

肌は夜の10時から夜中の2時までの間に睡眠中に肌細胞の修復や再生が一番活発にされていますので、できるだけ早めに寝ることが大切です。

 

睡眠は肌にとっても一番の栄養と言われています。

できるだけ8時間は睡眠をとれるようにするといいですね。

免疫力を高め抵抗力を上げる運動

 

運動不足ではないですか?

 

元気な肌細胞を生まれさせるには血液の循環が良くないと栄養が生き届かず貧弱で少数の肌細胞しか生まれません。

 

いつもより少し多く歩くなど、ほんの少し体を動かすだけででも血行促進につながります。

 

また、汗をかくことで老廃物を出すことができますのでウォーキングからでも初めてみてひかがでしょう。

免疫力を高め抵抗力を上げる食生活

 

バランスとれた食事が体や肌に良いのはもうご存知ですよね。

 

また、スナック菓子やファーストフード、甘い物の食べすぎも良くないのはご存知だと思います。

 

特に40代にもなると体も肌も免疫力自体がぐっと下がりますので免疫力の上がる食事を心掛けることが大切です。

 

肌も含め体全体の免疫力をためる食べ物の代表としては、腸内環境を整える(腸内細菌を増やす)ヨーグルトや麹、納豆など発酵食品ですね。

 

水溶性の食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂ることで腸内環境が整い、肌も体も免疫力がUPします。

 

また、最近の研究で免疫細胞をもっとも活発にすると言われている菌の種類があります。

 

その菌の名前は「パントエア菌LPS(リリポリサッカライド)」という菌で、麦や米に多く生息する菌。

 

食品では「玄米、海藻類、キノコ」などに多く生息し過熱しても効果は変わらないと言われています。

 

「パントエア菌LPS(リリポリサッカライド)」のサプリメントもあります。

 

「パントエア菌LPS(リリポリサッカライド)」サプリはこちら>>

 

また、美肌には欠かせない抗酸化力の高いベターカロテンやビタミンC、肌の代謝を高めるビタミンB類、成長ホルモンの分泌を促すミネラル(亜鉛など)も多くとることも肌免疫力や抵抗力を高めます。

 

食品では

ベータカロテン(ビタミンA)・・・ウナギ、ニンジン、かぼちゃ、ホウレンソウなど

ビタミンC・・・レタス、サツマイモ、レンコン、レモン、みかん、柿など

ビタミンB・・・豚肉、胚芽米、玄米、納豆、大豆など

亜鉛・・・牡蠣、レバー、赤身牛肉など

 

バランス良く摂る自身のない方は、サプリメントなども上手に活用すると良いですね。

 

免疫力を高め抵抗力を上げるスキンケア

 

 

免疫力を高め抵抗力を上げるスキンケアとしては、体内と同じで肌環境を整える事が大切です。

 

肌にも腸と同じように菌が生息していて、中には悪い菌もいますが、肌を守ってくれる菌がたくさん存在します。

 

この菌達は、肌の常在菌として皮脂や古い角質を食べ、代謝物として人間の皮膚の保湿成分を分泌、バリアの形成もしてくれています。

 

その中の一つが「パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)」です。

 

肌にもLPSを与えると免疫力が高まります。

 

LPSは、肌の免疫力を高めコラーゲン生成をサポーとしてくれることが研究で実証されています。

 

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)を肌に与える方法としては、LPS配合の化粧品を使うのが簡単です。

 

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)配合の化粧品はこちら>>

 

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)で簡単に肌の免疫力を高めてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます