ブルーライトってこんなに影響あるなんて知らなかった!

タブレット ブルーライト

 

ブルーライトの影響をご存知ですか?

 

ブルーライトは目を疲れさせるだけでなく、眠れなくなったり、肌に良くない影響を与えることが分かってきました。

 

私は、ブルーライトは目に良くないと聞いていたので、目の保護を考えてブルーライトのブルーライトカットメガネを長い間使用してきましたが、肌にも悪いとわかってからPCのモニターにブルーライトカットフィルムを張ってブルーライトカットメガネを卒業しました。

 

メガネをかけていると、こめかみから耳の方にメガネの型が入って嫌だったので解放されてとても楽になりました。

 

老眼が進むとメガネがまた必要になるだろうけど、今のところ、まだ大丈夫そうなので・・・

 

ブルーライトの影響

PC

 

目の疲れや病気

目

 

ブルーライトを長時間浴び続けると、目の疲れや肩や首のこりが夕方から夜にかけて発生しやすくなると言われています。

 

また、毎日毎日浴び続けることで、網膜の中心部にある「黄斑」がダメージを受け、加齢とともに増える眼病(加齢黄斑変性)の原因になる場合があるそうです。

 

ホルモンバランスが崩れる

女性

 

さらに、ホルモンの働きにも大きく関与していて浴び続けることで、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼし、寝付きが悪くなったり眠りが浅いといった「睡眠の質を低下」も関わっています。

 

睡眠は健康や美容にとってとっても大切な要素ですので、私たち大人にとっても注意すべきところですが、スマホやタブレットをお持ちのお子さんの使用にも気を付けたいところですね。

 

睡眠に関しては特に夜の使用を控えるように注意しないといけませんが、実際には、どのご家庭も夜の方が時間にゆとりができるのでスマホやタブレットPCの使用は夜が一番多いのではないでしょうか。

 

我が家もそうなので、子供のタブレットにもブルーライトカットフィルムを装着して予防しています。

 

ブルーライトは肌にも影響

肌

 

美容に関しては、紫外線A派よりさらに肌内部に、深く侵入する紫外線だということが分かっています。

 

このブルーライトの光は、紫外線A派より、シミやそばかす、くすみなどを起こす要素が高いこともわかっていますので、美容業界では、このブルーライトの紫外線を予防するためにUVカットしようと呼びかけています。

 

また、ブルーライトには皮脂を酸化させ過酸化脂質に変身させると言われています。

 

この過酸化脂質は、「腐った皮脂」なので肌に良い影響は与えず、炎症を招き老化を早めることとなります。

 

ブルーライト対策

眼鏡

 

防策としては、カット力の高いブルーライトカットフィルムを張り、強力なブルーライトの弊害から肌、目、ホルモンの乱れなどをカバーするようにしています。

 

ブルーライトカットフィルムは、ピンキリでカット力弱いものから強いものまでいろいろあります。

 

想像通りになりますが、カット力が弱いと安く、カット力の高いフィルムになるとお値段もそこそこしてしまいます。

 

ブルーライトカットフィルムを購入するなら少々値段が高くても、そこは健康と美容のためだと思ってカット力の高いブルーライトカットフィルムを購入することで、ブルーライトに対するストレスはフリーになります。

 

ブルーライトをカットしてくれる日焼け止めなどもあるので併用しても良いかもしれませんね。

 

ペネロピムーン・エバーピンク欲ばりサンスクリーンαの口コミ♪肌に優しくしっかりUVカット
ペネロピムーン・エバーピンク欲ばりサンスクリーンαは、8つの機能の多機能CCクリーム。 8つの機能:(1)美容液、(2)カ...

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます