基本的な肌断食の方法

スキンケア 肌断食

化粧品でかぶれた・・・

 

肌が荒れて何も使えない・・・

 

お手入れしても肌が良くなる気がしない・・・

 

そんな人に人気なのが肌断食ですね。

 

でも、その方法や期間、感じる効果は様々で長期にわたって続けるには不安に感じる人も少なくないようですね。

 

そこで、今日は基本的な肌断食の方法を書いてみました。

 

肌断食の方法

肌断食時のメイク

メイク

基本メイクはしません。

 

どうしてもメイクをしないといけない場合はぬるま湯や石鹸でも落とせるパウダーファンデーションのみ。

 

ミネラルファンデーション「パウダー、リキッド、クリーム」top3ランキング
肌に優しいファンデーションといえばミネラルファンデーション。 肌に負担がかからないミネラルだけで作られつけたまま寝られ...

 

シルクパウダーも肌が滑らかに見え、アミノ酸で出来ていて肌に良いです。

 

メイク用シルクパウダーランキング♪
メイク用のシルクパウダーも色々ありますが、その中でも人気の高いシルクパウダーを実際に使ってみてランキングしています。 メイク用シル...

 

ポイントメイクもぬるま湯や石鹸で落とせるものでします。

 

肌断食時の日焼け止め

日焼け止め

日焼け止めも基本しません。

 

できるだけ室内にこもるか、出かけないといけない場合は日傘やUVカットカーディガン、帽子マスクなどで対応します。

 

どうしてもと言う時は、ぬるま湯でも落とせるものか石鹸で落とせる物にします。

 

できるだけ合成界面活性剤などの添加物の少ないものが良いです。

 

肌に優しい日焼け止めランキング♪顔に使えて石鹸で落ちる
肌に優しい日焼け止めが欲しい! 顔に使えて石鹸で落ちるのかいいんだけど、でもどんな日焼け止めが良いのかわからない・・・...

 

肌断食時の洗顔

洗顔

 

基本水かぬるま湯のみの洗顔ですが、メイクをしたり、よほど脂っぽいと思った時だけ肌に優しい石けんで洗顔します。

 

肌に優しい石けんは、無添加石鹸やコールルドプロセス石鹸が理想です。

 

コールドプロセス石鹸おすすめのランキング♪
コールドプロセス石鹸は本当に肌に優しくて良いですよね。 洗浄成分ほかに美容成分や保湿成分がたくさん残っていて洗い上がり...

 

シャワーは使わず、洗面器にためて、手で水をすくい、顔にヒタヒタするような感じで手のひらでまんべんなく洗っていきます。

 

小鼻や目元はそっとぬぐうようにして洗います。

 

石けんを使った時はおでこやTゾーンから泡を乗せまんべんなく泡をひげらたすぐにサッと泡が残らないように顔全体を洗い流す。

 

石けんでの洗いすぎは角質層の天然保湿因子やセラミドを溶かしだす事あるので手早くします。

肌断食時の保湿

スキンケア

基本何もつけません。

 

最初は、角質層が傷んでいることで乾燥を感じる場合もありますが、徐々に乾燥を感じなくなります。

 

あまりにも乾燥を感じる場合は、角質の水分補給のために「お肌断食水」や「キョウキオラ」「アベンヌウォーター」なのど合成成分などの添加物の入っていない保湿剤と、肌を保護するための「ワセリン」などを使います。

 

お肌断食水(ナノウォーター)のレビュー♪肌を癒してくれるのか試してみた感想
肌荒れでスキンケアに困っていた時に出会った「お肌断食水(ナノウォーター)」。 お肌断食水(ナノウォーター)は何も含まな...
キョウキオラミスト状無添加化粧水のレビュー&口コミ♪アトピーなどの超敏感肌や乾燥肌、メイク崩れ防止に
✔ 肌が敏感で何を使ってもしみる・・・ ✔ 肌が荒れているけど保湿したい・・・ ✔ アトピーや脂漏性皮膚...
アベンヌウォーターミストスプレーの口コミ♪敏感な肌に優しい潤いを与えてくれる
アベンヌウォーターは、世界でも有数の複雑な地層を持つ南フランス、セベンヌ山脈麓のアベンヌ村に、大地のミネラルをたっぷり含みながら50...

 

ワセリンを使う場合は、必ず米粒大までにして手のひらで温め広げてから、手のひらで押し広げるように塗ることが肝心です。

 

ワセリンの使い過ぎは毛穴を詰まらせ、ニキビや脂漏性皮膚炎を起こす場合もあるので物足りなく感じても少量にした方が良さそうです。

 

肌断食の期間

時間

 

本格的に肌断食をするとなると、年齢や肌のダメージの具合によって期間が異なりますが、1ヶ月から数年と言う人までいます。

 

その場合は、皮剥けや乾燥、ニキビ、角栓といった悩みや問題が出てきますので、肌とじっくり対話しながら気長に肌を回復させるスタンスで行います。

 

肌の外からは何も与えないので、肌の元となっている食べ物や飲み物には気を配り、肌にとって必要不可欠なビタミンやミネラル、タンパク質も良質なものを多くとる、水は水道水は直接飲まない、腸内環境を整えるなど健康を意識した生活が大切なります。

断食の効果

スキンケア

皮膚は排泄機関ですので、要らないものが出ていき新しい細胞で構成さるようになると、本来の肌がよみがえってきます。

 

通常であれば、数日間だけでも合成界面活性剤で溶かし流していたセラミドや天然保湿因子が元に近い状態になるでしょうし、勢力を弱めていた皮膚常在菌も元にもどります。

 

何もしなくても、乾燥を感じない肌になれ開いた毛穴も徐々に目立たなくなります。

 

肌断食の注意点は

注意

 

3日~10日ほど短期間の場合でもトラブルが発生する場合もあるので、おかしいなと思ったら無理に続けず、元に戻すか信頼できる皮膚科へ相談に行きましょう。

 

特に注意が必要なのは、脂質肌(オイリー肌)の人で、石けんで洗わない、ワセリンの付け過ぎ、いたわりすぎ、などの原因で脂漏性皮膚炎や酒さになることがあります。

 

生まれつきオイリーな人もインナードライの場合も、肌に何も付けないことで皮膚が乾燥させてはいけないと思って乾燥を防ぐために余分な皮脂を大量に出すことがります。

 

その皮脂を放っておくと、黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などの悪玉菌が喜ぶ環境になるので、出すぎている皮脂はこまめにティッシュオフするか、ひどい場合は何もつけず水で1日3回の洗顔にするなど対処しないと肌が炎症を起こし、なかなか治らないくなる場合もあります。

 

皮脂の酸化は他の肌老化も招きますので本当に気を付けたいところです。

 

乾燥肌で、乾燥を感じて角質層がめくれあがると粉を拭きますが、それは数日で収まるのでワセリンを気になるところにだけ付けて対応すると良いと思います。

 

しばらくすると「モサ」と言われる角栓が飛び出してきますが、無理に取ったりせずに放置する方が良いようです。

 

特に小鼻などに多く出ますが、柔らかいガーゼなどで撫でてとれるものは擦らないように気を付けて取ってください。

 

本格的に続けると、今までの悩みが嘘のように無くなると話している人が多い肌断食ですが生活習慣や食生活に気を付けながら自分の肌としっかり対話しながら進めることが重要になりそうです。

 

肌断食と角質培養の違いってある?

違い

 

肌断食と角質培養は基本同じ定義ですが、肌断食は何も使わないのが基本なのに比べ、角質培養は、人によってはある程度は化粧品を使いながら(成分や使用法を見極めながら)長期にわたって角質を育てる人もいてやり方は様々です。

 

肌断食の延長で角質培養もできますが、トラブルが多いのと、化粧品を使わずに過ごすことに限界を感じる人が多いために緩めに続けるというスタンスなのかなと思います。

 

どっちが良いかは人によって違ってくると思います。

 

また、ストレスがかかるとせっかくの行動も台無しなるので自分の環境や肌の様子を見ながら進めると良いと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます